So-net無料ブログ作成
検索選択
クモニ83 ブログトップ

BONA FIDE PRODUCT クモニ83 814-817 [クモニ83]

追加発注しました:-)
bona-kumoni83-000.jpg
bona-kumoni83-001.jpg
角窓です。

こちらはインレタ。
bona-kumoyuni82-001.jpg
bona-kumoni83-002.jpg
クモユニ用だけ入荷していたみたいで、一緒に買ってきたのですが、クモニ用も取り寄せて頂きました。
でも、~813なんだよね。今回のキット用の型番が見当たりません。
ボナさんに聞いてみますか。

そして、各所で大人気らしい床下:-)
bona-kumoni83-kumoyuni82-02.jpg
これが基本セット
これに
bona-kumoni83-kumoyuni82-01.jpg
この枠付か
bona-kumoni83-kumoyuni82-03.jpg
カバー付かを選択します。

が、IMONさんでお願いしたら、カバー付は売り切れで入手不可。
エコーモデルさんに行ったら、枠付が品切れでした。
まあ、どっちも必要数は入手したので、私的には問題ないです。
模型店も驚くほどの出足の速さみたいです:-)

さーて、どう料理しますか...

むむ!?KH-2016 クモニ83 814-817があるらしい [クモニ83]

F MODELSさんのblogを見てたら...

http://fmodels.blog117.fc2.com/blog-entry-1819.html

なんと、KH-2016 クモニ83 814-817じゃないですか。
車掌室窓上に水切りが付いたやつですね。水切りは811-813だった。
814-817は角窓だ:-p

うーむ。
F MODELSさんのチョイス、いいセンスです。

BONA FIDE PRODUCT クモニ83 800とクモユニ82 800 [クモニ83]

よーやく出てきました:-)
bona-kumoni83-kumoyuni82-00.jpg
予約してたんですが、別の店舗に回っちゃったみたいで、危うく他の人の手に渡る可能性がありました:-)

bona-kumoni83-kumoyuni82-01.jpg
上がクモユニ、下がクモニ。

bona-kumoyuni82-000.jpg
クモユニ。
いつもながら、すっきりです。

ざーんねんがら、床下は、入荷していなかったです。
エコーモデルさんに行ったら売り切れ。

で、ボナさんに聞いたっス。
PH-12001  クモニ83用床下機器セット
こいつが、床下の基本で、抵抗器とMGは含まれていません。
でもって、そいつらは
PH-12002 クモニ83用抵抗器&MGセット1(耐雪カバー枠付)
PH-12003 クモニ83用耐雪カバー付抵抗器&MGセット1
のどちらかをチョイスする仕様だそうです。
でもって、こいつらは主抵抗器向かって左側に補助抵抗器が付属したタイプだそうです。

この後、補助抵抗器無しかつMGがDM28になったタイプが
クモニ83用抵抗器&MGセット2(耐雪カバー枠付)
クモニ83用耐雪カバー付抵抗器&MGセット2
として発売になる予定とのことです。

こうなると、さっぱりわかりません(^^;

TOMIX クモニ83-0早速改造、まずは足回り。 [クモニ83]

さて、当初はM車のみの予約だったのですが、途中でT車を追加しました。
何故か?

そりゃぁM車を片軸化して、T車をM車化するためです:-)
基本、全Mになる事が多い1M事業用車。両軸駆動にしておく必要は無いと思います。(勝手な思い込み)

んなわけで、ばらします。
まずはT車。
tomix-kumoni83-0-04.jpg
tomix-kumoni83-0-05.jpg
tomix-kumoni83-0-06.jpg
tomix-kumoni83-0-07.jpg
tomix-kumoni83-0-08.jpg
コストのためにM車とT車が同じ構造なのは、こういうときには有り難いです。
車軸は、捻れば外れるはずですが... 中々外れなかったので、軸押さえを外して、外しやすくしました。

次はM車。
tomix-kumoni83-0-09.jpg
tomix-kumoni83-0-10.jpg
tomix-kumoni83-0-11.jpg
tomix-kumoni83-0-12.jpg
モーターは端子から直で給電されているわけではなく、片側はブリッジダイオード(MB6S)回路を介して接続されています。ふーん。これは分売されていないので、T車のM車化の際には無視します。
モーターはCN22。エンドウで言えばEN22。
フライホイール、意味あるのかなぁ?

動力台車を抜きます。今回は後位側を抜きました。
T車では、これを前位側に持ってきます。どっちも前位を動力台車にします。
tomix-kumoni83-0-13.jpg
tomix-kumoni83-0-14.jpg

用意したのは、分売パーツのHO-M86。
tomix-kumoni83-0-15.jpg
片側の端子がリード線用っぽいので...
tomix-kumoni83-0-16.jpg
こんなん用意します。
KSの真鍮帯板2.0x0.3を使いました。短い方は、この後1mm程切詰めています。
これを
tomix-kumoni83-0-17.jpg
こんな感じにハンダ付け。
ヤニ入りハンダを使いましたが、くっつかねぇ~
まあ、色々と端折るから、こうなるんですが(^^;

お次は、導電板を加工します。
tomix-kumoni83-0-18.jpg
こんな感じ。
M車の導電板をトレースしても良かったのですが、突起が2カ所ほど有ったので、そこを目安にPカッターとカッターで不要な部分を切り落としました。
1枚目は、切り落としにニッパーを使ったら...
tomix-kumoni83-0-19.jpg
この通り(;_;)
まあ、曲がっちゃうのですよね... この後、一生懸命真っ直ぐにしました。

加工したモーターと取り外した動力台車をセットします。
tomix-kumoni83-0-20.jpg

導電板はバリを落として、脱脂しておきます。
tomix-kumoni83-0-21.jpg

こいつを組み上げます。
tomix-kumoni83-0-22.jpg
tomix-kumoni83-0-23.jpg
あ、軸押さえを付けるの忘れた... と気がついたのは、試運転が終わって、薄葉紙に包んで箱にしまおうとしたときでした(^^;
しょーがないので、もう一度ばらして、組み直しました。

これで、M車が2台です(^^)v

TOMIX クモニ83-0入線 [クモニ83]

うちにも来ました。
tomix-kumoni83-0-00.jpg
インレタの設定は...
tomix-kumoni83-0-01.jpg
009, 011, 015, 016, 017, 018, 019, 020で所属は名カキ、大ミハ、新ナカ、広ヒロです。
角窓の鷹取改造車がプロトタイプのようですが、15は浜松なので丸窓車なんだけどなぁ。
tomix-kumoni83-0-02.jpg
tomix-kumoni83-0-03.jpg
パンタ台を増設すれば000-004に。
パンタをPS23にして、通風機を一部移設(パンタ寄り2個目の通風機が、もうちょっと後位寄り)すれば026-029になります。

塗り替えるかどうかは未定。

で、ついでなので、比べてみました。
かつて返品になってしまった、エンドウのクモニ83-0と。
#大体同じ大きさに調整しました。
kumoni83-0-tomixvxendo.jpg
運転席窓周りの位置、大きさで、こんなにも違うか... って感じですね。

TOMIXから16番のクモニ83-0が出るようで [クモニ83]

なんと

http://www.tomytec.co.jp/tomix/menu/index_sokuho.htm

TOMIXから153系併結用として湘南色のクモニ83-0が出てくるようです。
夏頃のようです。
ポチッとな:-)

結局返品に... [クモニ83]

結局、購入したお店にご協力頂き、返品対応になってしまいました。
残念。

で、手元にあるエンドウ クモニ143キットのお面と、ざっくり比べてみると、窓位置や天地が同じでした。
そりゃダメだわな。

次回、再生産の際には、作り直してくださいな。>エンドウさん
カツミさんで作ってくれないかなぁ...

残念なお顔のエンドウ クモニ83-0 [クモニ83]

Satokawaさんからも指摘がありましたが、実は残念な顔をしているエンドウのクモニ83-0。
endo-kumoni83-0-4.jpg
左が800番台の説明書、右が0番台の説明書。
どう見ても、0番台の運転台窓の位置が低くて、天地が狭いです。

endo-kumoni83-0-5.jpg
Satoawaさん、抵抗器カバーはこんなんがついているだけです:-)

かっちゃった:-) [クモニ83]

前々から目を付けていたのですが、勢い余って、買ってしまいました:-)
endo-kumoni83-0-0.jpg
エンドウのクモニ83 0番台です。

endo-kumoni83-0-1.jpg
endo-kumoni83-0-2.jpg
中央東線仕様の横須賀色なので、PS23装備です。
屋根上は、あっさり。

endo-kumoni83-0-3.jpg
T車ですが、M車と共通なので、MPギヤ周りを買ってくれば、いつでもM車化可能です。
この手の車両、両軸駆動する必要は無いと思ってるので、T車の方が都合がいいです:-)

それにしても高い...

クモニ83形態分類 [クモニ83]

色々あって中々着工に踏み切れないのですが、また、ちょっと調べ物です。
調査の発端は、買った時から気が付いていた、モデル8のクモニ83-0の但し書きで、鷹取改造車がベースになってるって事でした。改造工場別の細かい差分、記載が見つけられません。800番台のR窓は知ってましたが、それ以外何?ってので、調べる事に。(結局、よく分からず)
それにしても便利な世の中になりました:-)

Wikipediaによると...
大井工場改造の83800 - 83805は、雨樋が115系に合わせて他車より高い位置に設置されたほか、窓隅がカーブしている。83806以降の雨樋は普通形になっており、83813からはパンタグラフは1基搭載(2基搭載車ものちに一部1基撤去)、窓隅も角型に変わった。
参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%8472%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A#.E3.82.AF.E3.83.A2.E3.83.8B83.E5.BD.A2
って書いてある。

これは
800-805 R窓 雨樋位置高
806-812 角窓
813-820 角窓 パンタ1基
と読める。

が、写真で調べてみたら...
800-805 R窓 雨樋位置高
806-813 R窓 809は確認出来ず
814-820 角窓
みたい。

ちなみに0番台にもR窓がいる。

で、おまけで、三鷹にいた0番台はというと
026-029 角窓
みたい。

ということで、手持ちキットの対象車設定の際には、気をつけないとね。
タグ:クモニ83形
クモニ83 ブログトップ