So-net無料ブログ作成
検索選択

珊瑚 79618 [SL]

組み立て予定が立たず、長期罪庫確定ですが...
sango-79618-000.jpg
ずーっと気になっていた、こいつを確保しました。
キャッシュフロー的に余裕があるときに買っとかないとね。

天賞堂 C62 44 北海道 [SL]

浅草ではなくて、寄り道した先で仕入れてきた物:-)
tenshodo-c644-0.jpg
天賞堂ミュージアムによれば1998年12月製ですかね。
この汽車会社な44号機は、1回しか製品化されていないようです。
お値段的には、珊瑚のZなキット買って、手間を掛ける寄りかは圧倒的にお安い状態というか、消費税入れたらキットの方が高い状態だったので、即断です:-p

でもって、中のスポンジは...
tenshodo-c644-1.jpg
ボロボロにはなっていませんでしたが、劣化が始まっていたので
tenshodo-c644-2.jpg
こちらにお取り替え。
これも、気がつくと市場在庫が尽きているというか、Webで検索すると、片っ端から品切れ状態でした。ま、いつもの如く、目敏く手に入れます。

tenshodo-c644-3.jpg
tenshodo-c644-4.jpg
いいっすねぇ~

しかし、このサイズにしちゃうから、目立たない物の、FFかつマクロレンズで撮影したら、フォーカスポイント以外はぼける事ぼける事...

ってことで、まじめに、フォーカスポイントをずらしてマニュアルフォーカスで撮影して、被写界深度合成してみました:-)
C6244-officialside-web.jpg
C6244-unofficialside-web.jpg
いいわぁ~

7枚ぐらいで合成してみましたが、1920x1200の画面で見ちゃうと、やっぱフォーカス合っていない部分の帯が見えちゃいますね...
ちなみに、元の画像(resize前)の正面フォーカスあわせの写真は..
tenshodo-c644-5.jpg
tenshodo-c644-6.jpg
こんな感じです。
確かに、被写界深度合成、すごいっす。

しかし、フリーのソフトとAobe Photoshop CCでは、被写界深度合成の結果が雲泥の差ですね。
いつもはPhotoshop Elementsを2年ぐらいつかってるのですが、バージョンアップしても、以前あった機能が削られていたりと、なんだかなぁ状態です。
今回、Photoshop CCのお試し版で試してみましたが、高いだけあるわ。
Photoshop + Lightroomだけなら、毎年出てくるElementsのバージョンアップ版よりCreative Cloudの年間費用が安いという状態になったし、AdobeもElementsの開発費を掛ける事がお得で無い事に気がついたのかな。

ということで、お試し期間は、7日しかないので、ここ1週間で決断です。
バージョンアップと考えれば、悪くはないですが、時代の流れなのか、なんだかなぁな気もする。
こうやって、Adobeが肥えていく訳だ:-p

タグ:天賞堂 C62

トラムウェイのC59戦前/戦後の予約が始まったようです [SL]

2017年夏頃という事で、トラムウェイのC59の予約が始まったようです。
45,000円前後と安いのですが、あまり馴染みもない形式だし、するーですね。
蒸気沼の深みにははまらないようにしたいと思います。
#馬鹿か?ってぐらい、北海道型の在庫あるし:-p

天賞堂 C61 20 JR東日本仕様入線 [SL]

予約はしてなかったのですが、高崎旧客買っちゃったし、買ってきました:-)
tenshodo-c6120-0.jpg
tenshodo-c6120-1.jpg
このタイプの収納の方が有り難いです。

tenshodo-c6120-2.jpg
tenshodo-c6120-3.jpg
なかなかいい感じですが、戯れてる暇がないので、そのまままた箱に収まって頂きました。
タグ:天賞堂 C61

キリンビール 北海道千歳工場 D51 1052 [SL]

最後はこちら。

車で行かなければ、工場見学して、ビール飲んで、ご機嫌で帰れます:-)

d511052-0.jpg
船底テンダー北海道型。
階段が設置されているにもかかわらず、さらに柵が設置されて、中には入れなくなっていました... 昔は無かったのに。

ということで、一通り、見たいものは見て、資料撮影してきました:-)
タグ:D51

三笠市 三笠鉄道記念館 C12 2~夕張市 三菱大夕張鉄道車両保存地 [SL]

言わずと知れた三笠鉄道記念館。


ここのターゲットはC12 2。
c122-0.jpg
いじょうおしまい。

この後、夕張に抜けたのですが、その途中には
mitsubishi-daiyuubari-201609.jpg

三菱大夕張鉄道車両保存地が。
seki1000-0.jpg
セキ1000があったので、眺めてきました:-)
タグ:C12 セキ1000

岩見沢市 万字線鉄道公園 B20 1 [SL]

ナビでは出てきません...
手前の岩見沢朝日簡易郵便局を目標に、その先の道道38号が分岐するところを目指します。
ココに、旧朝日駅があったようです。
ちなみに、公園がある旧道側は通行止めなので、路駐できます:-)


b201-0.jpg
屋根の下で、キレイに保管されています。

ちなみに、ナビで検索して出てきたのは...
manji-line-museum.jpg

万字線鉄道資料館。
鉄道公園より6kmほど奥地に入り込みます。
限界集落っぽい奈良町の集落の外れにあります。
向かいの家は、玄関の引戸が傾いてました... でも、他のおうちは、人もいて、コミュニティも存在しているようなので、踏ん張ってるようです。
ちなみに、ここは、電話しないと開けてくれません。
私も中身が見たくて行ってみたと言うより、なんじゃこれ?で行っただけなので、来ておしまいです。
結構、道路的には上ってくるんですが、まだ旧万字線の中間地点だったようです。
タグ:B20

札幌市 農試公園 D51 11 [SL]

平日の朝、それも通勤通学時間帯に街中に車で行くもんじゃ有りません(^^;

駐車場に車をとめて、テニスコートのさらに先まで南下します。

d5111-0.jpg
ナメクジな北海道仕様のD51 11が鎮座してます。
タグ:D51

小樽市 総合博物館 C55 50 & C12 6 [SL]

倶知安から小樽への道も楽しい道です:-)
最後の下りは、展望台があって、小樽の町を見下ろせます。
が、そんなところでのほほーんとしている時間的余裕は無く、そのまま下りました。


入館料を支払って、目的のものを形態観察。
c5550-0.jpg
C55 50。なにやらメンテ中みたいです。

c126-0.jpg
C12 6。これが、虎模様で昇降機を付けてる姿で展示してあれば、言う事無しなんですが...

あ、築港から移設された転車台、撮影してくるの忘れた...
しょうが無い、来年法事で行くときに、また...
タグ:C12 C55

倶知安町 文化福祉センター 1つ目79615 [SL]

豊浦の裏山を駆け上がり、羊蹄山を眺めながら倶知安を目指します。
youteizan-201609.jpg
途中、電線の無いところが有り、横着して車の中から、パチリ:-)


こちらも、文化福祉センターの駐車場に止めると、目の前にブツがあります。

79615-0.jpg
が... 1つ目野郎になってました(;_;)
残った方も、傾いてるし。もったいない...
文化財って言う視点が欠けてるんだろうな。
タグ:9600

豊浦町 中央公民館 D51 953 [SL]

道央道を延々上り、有珠山SAを超えて、よーやく辿り着きます。
しかし、有珠山SAからの、有珠山と昭和新山の眺め、晴れてて爽快でした:-)
usuzansa-201609.jpg


中央公民館に駐車できるし、ナビさえセットしてれば、迷わず辿り着けると思います。

ギースル・エジェクター装備の唯一の保存機です。
d51953-0.jpg
それにしても...
d51953-1.jpg
前回訪れたときより、シリンダカバーの腐食っぷりが激しいです。
http://tetsu100percent.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19-1
前回は穴が開いている程度でしたが、下の方が完全に無くなってます... いかがなものかと。
まあ、財政上厳しいのは分かりますが、なんだかな。
タグ:D51 ギースル

栗山町 栗山公園 夕張鉄道21号 [SL]

R234、平日の昼間だというのに混みます...
さらに、栗山公園も混んでました...

国道から入ってすぐの、第1、第2駐車場に止めないと、遠くて仕方ない事になります。

ここには夕張鉄道21号が保存されています。ま、9600同型機でしょうか。
yubari21-0.jpg
但し、こいつには、見たかった物が搭載されています!
yubari21-1.jpg
これ。
スノープラウの昇降機。
キチント、各種サイズ、計測させて頂きました。
本当は九州にC12の実値計測に行きたいんですが... 事計が終わったら、行ってこようかと考えていますけど。
珊瑚からは夕張鉄道21号のキットが出ている(た)様ですが、このパーツだけ拝借するのはいかがな物かと... 思い、採寸です。方南町に行ってパーツを分けてもらうお願いをしてみるのもいいですが、まあいっかと。

ちなみに
yubari21-2.jpg
ご覧の通り、まん丸なまんまシリンダーケースが据え付けられているわけでは無いです。

RMM223(2014-3)に掲載されていたような、小樽築港のC12を再現するには、どうしても押さえておきたかったのでした。素直に、C12にくっつけたまま、保存してくれればいいんですが、北海道から遠く離れた九州の地まで行かないと、その姿が確認できません(;_;)
タグ:9600 C12