So-net無料ブログ作成

天賞堂 9600は初夏? [SL]

ヨコハマ鉄道模型フェスタに行かれた方の記事を眺めていると、天プラ96はポスターに「初夏」と書かれているようです。
週末に天賞堂本店で見た時には「春」だったんだけどなぁ~

ま、いっけど。
タグ:天賞堂
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トラムウェイのC59がようやく出るみたいですね [SL]

http://www.jp-ngauge.info/ngi/2018/01/post-55c3.html

こちらさんの情報によると、ようやく出るみたいです。
半年遅れ程度ですね。
もちろん買いません:-)
単に好きなだけです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京都鉄道博物館のSL [SL]

京都鉄道博物館で観察してきたのは、103けーと101けーだけではありません:-)

研修庫で見た物...
c622+d51200-0.jpg
むむ?C62 2??
バラされていました。
手前のは...
d51200-0.jpg
D51 200。
あれ?山口線に行ってたんじゃ無かったっけ?と思いましたが、こちらもバラされていました。
ま、今週末から山口線で運行開始ですかね。

外には...
c622-0.jpg
C62 2の炭水車と思わしき物が転がってました。

んでもって、間近で確認したかった物が、これ!
c59164-0.jpg
C59 164のドーム前手すり。
呉線仕様のカマのドーム前の手すりの形状です。
へぇ~

ちなみに、マッハ模型店でカンタムC62 15北海道を改造してC62 16北海道タイプとして売っていたのは、エプロンだけ変更したやつで、ドーム前手すりは15号機のまんま。
15号機も16号機も呉線から小樽築港に転属したカマですが、15号機のドーム前手すりは扇形の物に変わってしまっています。カンタムC62 15北海道もその姿を模型化しています。
ということで、エプロン換えるだけじゃ16号機にならんのです!
ま、それ以外の見た目は、テンダーとかも振り替えられちゃったりしてるので、目を潰れる程度の差異になります。
タグ:D51 C62 C59
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雨宮21号 2017 [SL]

今年もラリーの合間を縫って丸瀬布へ。
一本しか撮ってません(^^;
amemiya21-201709-0.jpg
今年は、キャンプ場はまだ一部が復旧作業中なものの、雨宮21号は、元のルートを走れる様になっていました:-)
amemiya21-201709-1.jpg
ぐるっと回って...
amemiya21-201709-2.jpg
うーん、もっと引いて、足元切ってという構図が望ましいのですが(^^;

amemiya21-201709-3.jpg
これも、構図が...

来年は、もうちょっと余裕のある計画にしたいと思います:-p
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プラ9600再生産なんだ [SL]

天賞堂さんJAMに合わせて、新製品情報を公開、安物の財布に優しいlow priceモデル系として

http://www.tenshodo.co.jp/Portals/0/models/news/pdf/JAM201708_B.pdf

で、9600の再生産がアナウンスされました。
全く同じという訳ではなさそうです。
79616警戒色はちょっと惹かれちゃうな。

プラセキも再生産で、10両おまとめセットは車番を変えてくるようです。
これ以上長くしてもしょうがないから、もう買わんけどね...
タグ:天賞堂 9600
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

珊瑚 79618 [SL]

組み立て予定が立たず、長期罪庫確定ですが...
sango-79618-000.jpg
ずーっと気になっていた、こいつを確保しました。
キャッシュフロー的に余裕があるときに買っとかないとね。

天賞堂 C62 44 北海道 [SL]

浅草ではなくて、寄り道した先で仕入れてきた物:-)
tenshodo-c644-0.jpg
天賞堂ミュージアムによれば1998年12月製ですかね。
この汽車会社な44号機は、1回しか製品化されていないようです。
お値段的には、珊瑚のZなキット買って、手間を掛ける寄りかは圧倒的にお安い状態というか、消費税入れたらキットの方が高い状態だったので、即断です:-p

でもって、中のスポンジは...
tenshodo-c644-1.jpg
ボロボロにはなっていませんでしたが、劣化が始まっていたので
tenshodo-c644-2.jpg
こちらにお取り替え。
これも、気がつくと市場在庫が尽きているというか、Webで検索すると、片っ端から品切れ状態でした。ま、いつもの如く、目敏く手に入れます。

tenshodo-c644-3.jpg
tenshodo-c644-4.jpg
いいっすねぇ~

しかし、このサイズにしちゃうから、目立たない物の、FFかつマクロレンズで撮影したら、フォーカスポイント以外はぼける事ぼける事...

ってことで、まじめに、フォーカスポイントをずらしてマニュアルフォーカスで撮影して、被写界深度合成してみました:-)
C6244-officialside-web.jpg
C6244-unofficialside-web.jpg
いいわぁ~

7枚ぐらいで合成してみましたが、1920x1200の画面で見ちゃうと、やっぱフォーカス合っていない部分の帯が見えちゃいますね...
ちなみに、元の画像(resize前)の正面フォーカスあわせの写真は..
tenshodo-c644-5.jpg
tenshodo-c644-6.jpg
こんな感じです。
確かに、被写界深度合成、すごいっす。

しかし、フリーのソフトとAobe Photoshop CCでは、被写界深度合成の結果が雲泥の差ですね。
いつもはPhotoshop Elementsを2年ぐらいつかってるのですが、バージョンアップしても、以前あった機能が削られていたりと、なんだかなぁ状態です。
今回、Photoshop CCのお試し版で試してみましたが、高いだけあるわ。
Photoshop + Lightroomだけなら、毎年出てくるElementsのバージョンアップ版よりCreative Cloudの年間費用が安いという状態になったし、AdobeもElementsの開発費を掛ける事がお得で無い事に気がついたのかな。

ということで、お試し期間は、7日しかないので、ここ1週間で決断です。
バージョンアップと考えれば、悪くはないですが、時代の流れなのか、なんだかなぁな気もする。
こうやって、Adobeが肥えていく訳だ:-p

タグ:天賞堂 C62

トラムウェイのC59戦前/戦後の予約が始まったようです [SL]

2017年夏頃という事で、トラムウェイのC59の予約が始まったようです。
45,000円前後と安いのですが、あまり馴染みもない形式だし、するーですね。
蒸気沼の深みにははまらないようにしたいと思います。
#馬鹿か?ってぐらい、北海道型の在庫あるし:-p

天賞堂 C61 20 JR東日本仕様入線 [SL]

予約はしてなかったのですが、高崎旧客買っちゃったし、買ってきました:-)
tenshodo-c6120-0.jpg
tenshodo-c6120-1.jpg
このタイプの収納の方が有り難いです。

tenshodo-c6120-2.jpg
tenshodo-c6120-3.jpg
なかなかいい感じですが、戯れてる暇がないので、そのまままた箱に収まって頂きました。
タグ:天賞堂 C61

キリンビール 北海道千歳工場 D51 1052 [SL]

最後はこちら。

車で行かなければ、工場見学して、ビール飲んで、ご機嫌で帰れます:-)

d511052-0.jpg
船底テンダーの北海道型。
階段が設置されているにもかかわらず、さらに柵が設置されて、中には入れなくなっていました... 昔は無かったのに。

ということで、一通り、見たいものは見て、資料撮影してきました:-)
タグ:D51

三笠市 三笠鉄道記念館 C12 2~夕張市 三菱大夕張鉄道車両保存地 [SL]

言わずと知れた三笠鉄道記念館。


ここのターゲットはC12 2。
c122-0.jpg
いじょうおしまい。

この後、夕張に抜けたのですが、その途中には
mitsubishi-daiyuubari-201609.jpg

三菱大夕張鉄道車両保存地が。
seki1000-0.jpg
セキ1000があったので、眺めてきました:-)
タグ:C12 セキ1000

岩見沢市 万字線鉄道公園 B20 1 [SL]

ナビでは出てきません...
手前の岩見沢朝日簡易郵便局を目標に、その先の道道38号が分岐するところを目指します。
ココに、旧朝日駅があったようです。
ちなみに、公園がある旧道側は通行止めなので、路駐できます:-)


b201-0.jpg
屋根の下で、キレイに保管されています。

ちなみに、ナビで検索して出てきたのは...
manji-line-museum.jpg

万字線鉄道資料館。
鉄道公園より6kmほど奥地に入り込みます。
限界集落っぽい奈良町の集落の外れにあります。
向かいの家は、玄関の引戸が傾いてました... でも、他のおうちは、人もいて、コミュニティも存在しているようなので、踏ん張ってるようです。
ちなみに、ここは、電話しないと開けてくれません。
私も中身が見たくて行ってみたと言うより、なんじゃこれ?で行っただけなので、来ておしまいです。
結構、道路的には上ってくるんですが、まだ旧万字線の中間地点だったようです。
タグ:B20